大阪 泉佐野、岸和田、堺でのオフィスレイアウト変更、図面設計は平善にお任せください

オフィスレイアウト変更の疑問解決

平善はオフィス設計の専門家です。4名のオフィスデザイナーが在籍しており、泉佐野市、堺市を中心に泉州地域のオフィスレイアウト変更アドバイスをさせていただいています。お客様からよく聞く、事務所のレイアウト変更の疑問と解決策をお伝えします。

省スペース化して座席を増やしたい

イメージ写真

新入社員が入社をしてくるが、座る場所が無いためレイアウト変更が必要になることはよくあります。オフィスを省スペース化して新入社員の座席を確保する方法はいくつかあります。

①不要な書類を捨てる
オフィス内には1年以上利用していない書類があるはずです。こういった書類は電子化をして捨ててしまいましょう。書類が入っていた書庫を廃棄できるため、スペースが広がります。平善には整理収納アドバイザーの資格を持ったスタッフがいるので、オフィスの整理整頓研修の実施も可能です

②フリーアドレス化する
外回りの社員が多い場合はフリーアドレスの執務デスクを導入して省スペース化をはかることが可能です。フリーアドレスは会社ごとの在席率に合わせて席数を検討する必要があります。座る場所が無いような状況になると社員のやる気を落としてしまうので、フリーアドレス導入時には専門家に相談をしましょう。

③小型の収納庫を壁面収納に集約
オフィスのいたるところに小型の書庫・収納庫が点在している場合は、壁面に大型キャビネットを設置して集約をすることで、スペース効率を高めることができます。

④オフィス家具の規格を統一
オフィス家具の規格が不揃いだと、無駄なスペースができてしまいます。オフィス家具の規格を統一してスペースを効率よく利用しましょう。

レイアウトが狭くないか確認をしたい

新しいオフィスレイアウトを考えたけれども、実際にこのレイアウトで狭苦しくないかを確認してほしいという相談をたまにいただきます。狭いオフィスは社員にストレスを与えてしまうだけではなく、通行時の事故につながる可能性もあります。社員が快適に働くことができるように次の通路幅を確保できているかを確認しましょう。

デスクーデスク(背中合せ)
デスクーデスク(背中合せ)
デスクーデスク(同じ向き)
デスクーデスク(同じ向き)
デスクー壁面
デスクー壁面
デスクサイド間
デスクサイド間
デスクー書庫
デスクー書庫
デスクー書庫(背中合せ)
デスクー書庫(背中合せ)

社員同士のコミュニケーションを活性化したい

イメージ写真

新オフィスへの要望で一番多いのが、社員同士のコミュニケーションを活性化できるオフィスレイアウトです。オフィスレイアウトを工夫することで今まではあまり交流がなかった人同士のコミュニケーションを活性化することが可能です。

①人が集まる場を作る
コピー機やシュレッダー、ドリンクコーナーを1箇所に集めて、社員が移動するスペースを作りましょう。また、このスペースに作業台や休憩スペースなどの滞在時間が長くなる仕掛けも取り入れます。集まる場を設けることでコミュニケーションの活性化が可能です。

②関係性のある部署は隣接させる
営業部と営業サポート部、営業部とデザイン部などの業務上のやり取りがある部署同士は隣接するオフィスレイアウトにしましょう。部署間の移動距離を短くすることで、気楽に情報共有が可能になります。

③奥行の小さいテーブルを利用する
ミーティングテーブルや執務デスクの奥行をなるべく小さくして、社員同士の物理的な距離を短くすることで、会話が発生しやすくなります。

④社内に打ち合わせスペースを設置する
ゆっくり話をしたいけど、場所が無いから打ち合わせに発展しない機会は多くあります。執務スペース内や通路などに打ち合わせスペースを増設することで、立ち話から具体的な打ち合わせに発展する機会を増やすことができます。

⑤1フロアに社員を集約する
別のフロアで仕事をしていると、ホウレンソウの頻度が減少します。同じフロアで働くことでちょっとした情報も流れるようになります。

どのようなレイアウトの種類があるのかを知りたい

オフィスレイアウトには様々な種類があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、自社の状況に応じて選択しましょう。

①島型対抗式レイアウト
日本では最も一般的なオフィスレイアウトで、スペースを有効利用することが可能です。部署ごとにデスクを対抗させ、部門長のデスクを直角に配置します。コミュニケーションが取りやすいという特徴があります。同じ島の中ではコミュニケーションが取りやすいですが、他の島とのコミュニケーションは希薄になりがちです。

②スクール式レイアウト
学校の教室のように同じ方向に机を並べるレイアウトです。他の社員と目が合わないので集中して業務をしたい職種の座席配置に向いています。一般的には管理職のデスクが一番後ろになるため、社員は監視されている感覚になってしまうこともあります。

③背面式レイアウト
社員同士が背を向けて座るオフィスレイアウトです。島型対抗型のようにスペースを有効利用することができます。社員同士の目が合わないので集中して業務をすることができ、振り返れば周辺のメンバーとコミュニケーションをとることができるのでバランスがいいレイアウトと言えます。

④フリーアドレス式レイアウト
島型対抗型と形状は同じですが、固定席が無いレイアウトです。在席率に合わせて席数を調整するため、最もスペース効率のいいレイアウトです。しかし、運用のルールを徹底しないと次第に固定席化していくので注意が必要です。

⑤クロス式レイアウト
十字型やY字型にデスクを配置するオフィスレイアウトです。社員同士の視線をずらしているので業務に集中ができます。また、チェアを回転させれば気楽にコミュニケーションをとることも可能です。難点は広いスペースが必要なことです。

平善がお手伝いできること

1.レイアウト図面作成のスピード対応が可能

イメージ写真

オフィスレイアウト変更の際には、何度もオフィスレイアウトの打ち合わせと修正を繰り返す必要があります。しかし通常、オフィスレイアウトの修正を依頼すると1~2週間がかかります。これではスピード感を持ってレイアウト変更を検討することができません。

平善では、オフィスデザイナーが4名在籍し、オフィスデザインを内製化しているので、通常は3日以内のレイアウトの修正が可能です。

2.オフィスレイアウト変更業務に一括対応

イメージ写真

オフィスレイアウト変更では、内装工事や配線工事が必要になることがあります。様々な業者とやり取りをするのは大変です。平善にお任せいただければオフィスレイアウト設計だけではなく、信頼できる業者の選定や業者とのやり取りまで一貫して対応をすることが可能です。

3.働きやすいオフィスレイアウトをご提案

イメージ写真

平善にはオフィスレイアウト設計の豊富なノウハウがあります。省スペース化やコミュニケーション活性化などのお客様のご要望に応じたオフィスレイアウトをご提案します。

オフィス作りセミナーのご案内

平善では、オフィスレイアウト変更を検討している社長・責任者向けにオフィス作りセミナーを泉佐野市や堺市で定期開催しています。他社のオフィス事例をもとにレイアウト変更のポイントをお伝えします。ぜひご参加ください。


無料オフィス作りセミナーについてはこちら

平善では、大阪府 泉州地域(堺市、高石市、泉大津市、忠岡町、和泉市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、熊取町、田尻町、泉南市、阪南市、岬町)のお客様のオフィスレイアウト図面作成のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。