大阪 泉佐野、岸和田、堺でのオフィス作り情報をブログで更新しています

天井が低い時のOAフロアー

堺市、泉大津市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

先日、オフィスのOAフロアーのお問い合わせをいただきました。

OAフロアーとは、現状の床の上にもう一つ床を作り、

その際に、LANケーブルや電話線、電気コードなどを収納できるようにしたものです。

どの企業様でもそうなのですが、業務の拡大と共に、人数や機器が増え、

その都度、机やいすを増やし、LANケーブル、電気を増設していきます。

そのため、気が付いた時には床にはモールが貼られ、

つまづいたり、レイアウトの制限を受けたりするのです。

それを解消するために開発されたのがOAフロアーという商品です。

しかし、現状の床の上にもう一つ床を作るため、天井との距離が近くなっていき

場合によっては圧迫感を感じるようになります。

天井高が2600mmあれば大丈夫ですが2000~2300くらいになると、設置自体が難しくなります。

今回ご提案させていただいたのはOAフロアーの高さが29mmという超極薄のOAフロアーです。

nwf03

画像は40mmの高さのイメージです。

oa02

ネットワークフロア29は天井が低い事務所でも設置ができます。

配線処理に困ったらOAフロアーをご検討ください。

堺市、泉佐野市、岸和田市、泉大津市、和泉市でのOAフロアーのご依頼は

平善迄お問い合わせください。