大阪 泉佐野、岸和田、堺でのオフィス作り情報をブログで更新しています

泉佐野市のお客様にてラックの床固定工事を致しました。

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

先日泉佐野市のお客様より、倉庫に災害時の仮設用品や道具等を置いておく棚を設置してほしいと
ご依頼をいただきました。

ラックは2台で耐震固定をしてほしいが、壁が斜めになっている部屋への設置となりました。

一般的な耐震固定は天板を壁とL字金物で固定するのですが、今回は壁にまっすぐ平行ではないので
床にアンカー打ちをしての固定をご提案しました。

 

部屋の形状が外壁の関係で斜めになっており、この面にラックを設置したいとのことでした。

床固定に際して、ラックに床固定用のL字金物を取り付けて、床面にドリルで穴を開けます。

そこに、ボルトの芯を挿入して固定してから、ナットで締めて完成となります。

壁面固定ができない場合は、こういった床固定で耐震対策を取ることも可能です。

また、壁面や床面に穴が開くことに抵抗がある場合は、現在は穴を開けないタイプの
耐震固定のグッズもいくつか出ております。

オフィスの耐震固定も、場所や固定するものによって方法が色々ありますので

堺市、泉佐野市、岸和田市、泉大津市、和泉市でのオフィスの耐震固定や少リフォームのご依頼は

平善迄お問い合わせください。