大阪 泉佐野、岸和田、堺でのオフィス作り情報をブログで更新しています

カテゴリー別アーカイブ: 新商品紹介

食堂用テーブルと食堂用チェアの総入れ替え

IMG_4583_R

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

先月、泉佐野の食品関係のお客様から食堂の椅子を入替えたいとのことでお話をいただき

色々とお打ち合わせをさせていただきご注文いただきました。

チェアを入替えたら、はやりテーブルも新しい方がいいですよね。

続けてテーブルのご注文もいただきました。

机20台、チェア74脚

 

現状の使っていた机や椅子は20年以上前のものでした。

昔の机や椅子はスチールをたくさん使っているので頑丈ですね。

椅子の色も2色に分けてこれで毎日おいしいお昼ご飯が食べれそうですね。

 

今までお使いになられていた机見た目よりもめちゃくちゃ重たい(汗)

IMG_4579_R

IMG_4580_RIMG_4581_RIMG_4582_R

椅子の座り心地も良く、お客様も大満足です。

食堂のテーブルや椅子の入れ替え等の話があれば是非、平善まで。

椅子1脚からでも対応しますよー。(向井)

オフィス家具は進化してます

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境造りを支援している平善です

今回は、イナバ物置さんのオフィス家具部門の方に社内勉強会を開いていただきました。

イナバ物置さんが、オフィス家具を取り扱っているは、ご存知でしたか?

実は、私は知らなかったんです。とっても勉強になりました。

イナバさんの家具の特徴は、90%くらいイナバさんの自社工場で生産している所です

言うなれば、made in イナバです。間に協力工場を挟まないので、余分なコストをカット

しています。また、イナバさんの家具のほとんどが、ノックダウン設計技術を使ています。

ノックダウン設計?となるかと思いますが、簡単に説明しますと、現地で組み立てるという

事です。皆さんの書庫や机など購入したことがあるかと思いますが、組み立てた状態で納品

されていると思います。その場合、搬入通路が細かった場合や、エレベーターが狭かった場合

運ぶのに苦労したり、傷をつけてします恐れがありますが、イナバさんの場合は、

パーツの状態なので、搬入が容易にできますし、一台のトラックにたくさん積むことができます。

運賃の節約にもつながります。組立に時間がかかるんじゃないかと思う方もいらっしゃると

思いますが、書庫1台組み立てるのに、約2分ほどで完成します。

また、パーツで構成されているので

オープン書庫だったものに扉などを後で簡単に取り付けることができます。

普通なら買替になるのですが、パーツを購入だけで手軽に変えることができます。

こういったように、私たちは、日々勉強会を開催し、知識の向上に取り組んでいます

お客様に最適な家具を提案できるように努めています。

002

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス家具の要望は、

株式会社 平善にお任せください。

 

先日文具の見本市に行ってきました

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です

今回は、春と冬にあるメーカーさんの大きな見本市に行ってきた時のお話です。

今回は、夏も近いこともあって、会場は、お祭りがテーマになっていました。

沢山のメーカーさんが出店されており、新商品の説明や、文具の使い方など

色々な事を教わることができます。文具って、種類がたくさんあり、新商品も

毎日出てるんじゃないのというくらい、発売されているので、こういった展示会を

利用して日々勉強させていただいています。こういったべ勉強を生かして、オフィス

家具やレイアウト変更の時などに合わせて使い勝手のいい文具なども一緒に提案

させて頂いています。こういったことは、他社さんにはあまりできないので、弊社

の強みとなっています。

 

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でのオフィス家具やレイアウト変更の要望がありましたら

是非、株式会社平善にお任せください。

泉佐野自動車教習所様の教習室のテーブルと椅子の入替え(コクヨ)

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

私、担当の向井、久しぶりの投稿です。

昨年末12月に地元の泉佐野自動車教習所様にて2つの教習室のテーブルと椅子の総入替えを
させて頂きました。感謝感謝です。
IMG_2510_R
IMG_2516_R

今、ご使用しているのはアイリスチトセの会議テーブルとコクヨの折りたたみ椅子になります。
昔の家具なのでスチール部分が多くとても頑丈なつくりなので30年ぐらい使っていたそうです。
IMG_2514_R
IMG_2513_R

新しく入れる机はコクヨのリーフラインというシリーズです。
天板フラップ式で斜めにずれずに収納できる
デザイン性もいいですし足元もスッキリ!!価格もお手頃です。
IMG_2534_RIMG_2535_R

椅子もコクヨのサテオというシリーズで標準で肘がついています。
肘付ですが手前まで肘がついているのではないので机に対しての収納が奥まで可能ですしデザイン性も抜群かと思います。
IMG_2531_R
IMG_2532_R

入替え前の画像
IMG_2512_RIMG_2511_RIMG_2517_R

入替え後の画像
IMG_2529_RIMG_2528_RIMG_2530_R

画像はスマホで撮ったので少し暗いですが実際は教室が一気に明るくなり雰囲気が変わりました。
他にも受付や待合ばなど机や椅子も入替えていただき、受講される方も気持ちよく授業が
受けれそうです。

古いテーブルはキャスター交換すれば使えますので地元の町内会館に
寄付いただきました。

写真は左が泉佐野自動車教所の久間(きゅうま)社長。右は私です
IMG_2542_R
社長とは近所の幼なじみで近所の1つ年上の先輩です。
今では自動二輪、大型などバイクの免許をとられにくる方も多く、今後二輪のレンタル事業も始めるそうです。
私も自動二輪中型持っていますので気分転換に一度バイクでツーリングにでも行こうかなと・・・・。

いろんな事業に前向きに取り組んでいる姿は見習わないけない点が多く本当に勉強になります。
共に地元、泉佐野として盛り上げてゆき、
末永くお付き合いしていきたいと思っております。

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市での机や椅子の入替え等ございましたら、

株式会社平善にお任せください。(向井)

デザイン的なパーティションが出ています。

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

皆様、事務所や会議室を区切るパーティションといえばどのようなものをお考えでしょうか。

Y4_04_007_PE_B_1019

今までですと、こういった形のパーティションが一般的でした。

しかしこれですと、背が低くても圧迫感がある、事務所っぽい見た目で

デザインがしっくりこない、と言ったお声をいただくことも有りました。

そこでこの度、コクヨからデザイン的にもおしゃれなパーティションが発売されました。

16111681b0c64465

ファブリックスクリーン【stripel(ストライプル)】です。

こちらはよくあるパーティションとは違い、面の部分が

格子状になっており、適度な間仕切り感と同時に抜け感があり、一般的なパーティションより

圧迫感を感じませんので、オフィス内のミーティングスペースやラウンジ等、

多様な用途の空間を豊かな採光や開放感で演出します。

161116921806bf29

形はストレートタイプやL型、ラウンドタイプがあります。

ちょっと変わったパーティションが欲しい、一般的なパーティションより

おしゃれなものがほしいと言うことがあれば、弊社までご連絡をお願い致します。

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でのオフィス家具の購入は

株式会社平善にお任せください。

オフィス家具はこちら

コクヨ省スペース対応コンパクト設計チェアのご紹介

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

今日はコクヨさんの梅田にあるグランフロントの研修会及び新ショールームのイベントに参加してきました。

その中でもこれはいいな!!と思った椅子がこれ!!

IMG_2414[1]

コクヨの新商品の省スペース対応・コンパクト設計の『Picoraピコラ』になります。

一番の特徴は背もたれ・座面のサイズは少し小さめですが十分に保ちながら、脚部の寸法を

最小化したためW1000mmの片袖デスクやW1800mmの会議テーブルなどに

すっきり収めることができます。

IMG_2415[1]

一般的に販売している事務用椅子の脚の幅はW600~630mmに対してピコラは

W550mmとコンパクトにできています。

IMG_2418[1]

ですので、こんな感じに会議用の椅子としてもご利用できます。

これが私の最大のメリットだと感じました。

その他にも以外と会議用の椅子って座り心地が悪く、商品のわりに価格が高いとか

感じたことがないですかねー。

肘が標準で装備されており価格もローバックタイプで税別定価は38,700円~、安い!!

IMG_2417[1]

なおかつ座面のクッションも60mm以上有り、リクライニングもオートアジャストロッキング機能で

私も座りましたが問題なし!!長時間の会議も安心!!

これはお客様にも喜んでいただけそうな商品だと実感しました。

2017年度カタログから記載されるそうで是非、ご提案したい商品のアイテムです。(向)

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市で

オフィス家具 をお探しの方は 株式会社平善にお任せください。

 

オフィス家具も進化しています

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

この写真は、先日発表されたコクヨのオフィスチェアーの1種です。

このタイプは、病院などのナースステーションで使われるものですが、

一般的なオフィスチェアーもバリエーションとして用意されています。

002_400

なにか、気づきませんか?

注目は脚部です。

従来の椅子は座面幅より脚部幅が大きくなっていました。

それには当然、安定性があるという理由がありました。

ただ、その為、様々な問題や不都合も生じていました。

たとえば、ナースステーションでは、しょっちゅう人が動き回ります。

チェアーの脚部が張り出していると足を引っ掛けたり、つまづいたりと

危険が伴っていました。

また、オフィスの場合は、机の中に椅子を収納しようとしても、脚部が邪魔になって

収納できない。あるいは収納するために脚部を回転させて、ちょうど良い角度で収まる。

といったことが起きていました。

この新型チェアは脚部の幅を小さくすることで、そういう問題を解決し、

とても使いやすくなりました。

もちろん、安定性は形状の工夫でカバー。安全性を確保しています。

椅子の新製品は座り心地や、クッション性などがキャッピコピーに押し出されて発表されますが

脚部に注目した商品はあまりありませんでした。

利用者の不便や不満を解消した椅子は来年のイチオシのオフィス家具になりそうです。

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市で

オフィス家具 をお探しの方は 株式会社平善にお任せください。

 

オフィス家具もオシャレに

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

最近のオフィスは随分とオシャレになってきています。

でも、そんなオフィスにあこがれても、オフィスのデザインを一から見直すのは

大変なコストと時間がかかってしまいます。

特にスモールオフィスやホームオフィスなどは面積の狭さから内装を変えることも難しいですね。

そのためか、オフィスの家具だけでもオシャレなものにしたり、

デザインの変わったものを選んだりするようになって来ています。

この写真は赤坂にあるGarageの公式ショップです。

 

Garage ショップ

Garage ショップ

Garageはイタリアのファントーニをはじめとして、デザイン性にすぐれた家具を販売しています。

店内には、新しい商品や売れ筋商品を展示しているので、赤坂に行かれるときには

一度、お立ち寄りください。予約は不要ですのでお気軽にどうぞ。

下の写真は fantoni GX シリーズのデスクです。

木目天板に、上下昇降可能な脚をシンプルに組み合わせています。

オシャレですよね。

fantoni GX

fantoni GX

当社の姉妹ホームページ 「いきいきオフィス.com」 でも販売しています。

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市で

オシャレなオフィス家具 をお探しの方は

株式会社平善にお任せください。

 

更衣ロッカーを便利に使う

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

最近は制服着用が少なくなり、私服で仕事をする企業が増えてきました。

その為か、更衣ロッカーを設置せずに、私物入れ用のコンパクトなロッカーを導入する事が

多くなっています。

ただ、スペース的にも、運用的にも更衣ロッカーを設置されている企業様では、

うまく活用する方法があれば、買い換えることも無いと思います。

女性の場合、ロッカーの使い方で一番困っているのは靴の置き場ではないでしょうか。

季節によってはブーツのように長くなるものも有りますので、スペースの必要容積が変わります。

そんなときにはこんな工夫が有効とコクヨが新たな商品を発売しています。

DSC_0272_400

靴を置くところの棚板の高さを自由に変えられるというものです。

棚板自体にも工夫がしてあり、少し台形にすることで、上下逆さまにすると

棚受けが無くても2段階に高さを変えて使用できます。

左から、ベタ置きのもの、下向きに棚受けに乗せたもの、上向きに棚受けに乗せたものです。

新しいロッカーに変えなくても、工夫次第で同じような効果は生み出すことが出来るかもしれません。

快適なオフィスワークはちょっとした事から改善されますね。

オフィス家具のご相談はこちら

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市オフィス家具でお困りの場合は、

株式会社平善にお任せください。

天板昇降型デスクは何故、必要か?

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

先日、Google本社を見学した際、天板が昇降するデスクを採用していると書かせていただきました。

そもそも、何故、天板が昇降しなければいけないのか?疑問に感じませんか?

オフィスの中では主に椅子に座った状態でデスクワークをしています。

特に日本人は平均400分/日以上、座って仕事をしているという調査もあります。

いわゆるオフィス病といわれる「腰痛」は立位作業と比べると、

座位作業は1.4倍~1.85倍かかりやすいと言われています。

また、生活習慣病にもなりやすくなるそうです。

でも、立ち作業のためのデスクをワザワザ用意することはスペース的にも難しい場合が殆んどです。

そこで、考案されたのが1台の机で、上下昇降できれば、

即座に座位作業と立位作業を切り替えられるというものです。

img_standing-desk_03 (1)

会議室も、座って議論するものだと考えてしまいがちですが、立ち会議をすると、

逆に集中して短時間で結論を出せるとの例もあります。

オフィスは利益を生む場所では無いだけに、生産性を上げるためには、働いている人の知的な創造性を

いかに引き出すかに掛かっているのではないかと思います。

当社ではレイアウトプランの提案と電気工事も合わせて対応いたしますので、ご相談ください。

オフィスのレイアウト変更

オフィスの電気工事