作成者別アーカイブ: hirazen

堺市のお客様にOAフロアーの施工を行いました

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

長い期間にわたってオフィスを使っていると、人員の増減や

家具やOA機器の購入などで、オフィスの環境は徐々に悪化していきます。

そのような時に一番、対応が難しいのが「タコ足配線」「むき出しのLANケーブル」などで

お客様では処理が出来ない場合がほとんどです。

コストを安くするためモールでカバーをしたりするのですが、安価なものは使用している間に

割れたり、欠けたりしますし、何よりも床に邪魔なものがついているため

足をひっかけて躓いたり、いすのキャスターがあたったりして危険な状態になりますね。

こんな時にはOAフロアー化が問題を一挙に解決してくれます。

OAフロアーというのは、現状の床の上に

規則正しく溝のついた床をもう一段作ってしまうのです。

天井が低い事務所の場合は、床がかさ上げされると圧迫感があると思われますが

現状から35mm程度しか上がらないのでほとんど気にならないレベルです。

また、溝があるので、電気コードやLANケーブル、電話線なども、その溝に収納することが出来

表面は障害物のないフラットな状態になります。

配線が終わると、上にタイルカーペットや、ビニールタイルを敷き詰めます。

絨毯のようなタイルカーペットが一般的ですが、工場などの場合、汚れた靴で踏む場合もあるので

メンテナンスのしやすいビニールのカーペットも敷設可能です。

部屋の使用用途に合わせて色もコーディネートすると、雰囲気も変わって働きやすくなります。

堺市、泉佐野市、岸和田市、泉大津市、和泉市でのOAフロアーのご依頼は

平善迄お問い合わせください。

コクヨのCK-160とKT-PS1100を納品しました。

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

先日お客様の会議室の机と椅子の入替え工事を行いました。

 

 

使用していた机や椅子は買った時期もバラバラでしたので、揃っていなく、
また折りたたみやスタックができないので部屋のレイアウト変更もしにくい状態でした。

そこで、今回はKOKUYOのミーティングチェアの160シリーズのCK-160と

スタッキングミーティングテーブルのLISMAのKT-PS1100をご提案して、ご採用頂きました。

CK-160はキャスター仕様ですが、垂直スタックが可能で、使わないときも省スペースで片付けられます。

また、LISMAも平行スタックが可能で、こちらも使わないときは省スペースですみます。

入替えの結果、家具が統一されたのでスッキリとした印象もあり、また片付けやすさも改善されました。

家具の入替えにおいては現在の不便を解消する商品の選定が重要になってきますので

堺市、泉佐野市、岸和田市、泉大津市、和泉市でのオフィス家具のご依頼は

平善迄お問い合わせください。

オフィスのセキュリティーについて

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

本日は、オフィスのセキュリティーについて少しお話します。

オフィス移転を機にセキュリティを徹底することは、オフィスの形態や規模に関わらず、必須の課

題です。 ただし、オフィスによりセキュリティの必要レベルが異なります。ここでは、基本的なオ

フィスセキュリティの考えをご紹介します。

1.エントランスのセキュリティ-

多くの会社がエントランスは無人で、内線呼び出し電話が設置されています。このためエントラン

スは来客間のセキュリティが手薄になりがちです。 例えば、来客が多い企業様で多いケースが、複

数人のお客様がエントランスで取引きについての会話をし、それを第三者のお客様が耳にしてしま

うというケースや、お客様者同士がコミュニケ―ションを取ってしまうといった場面なども見かけ

られます。 これは貴社のセキュリティ情報が漏えいする可能性を意味しています。来客が混み合う

会社などは、オフィス環境のマーケティングから始めましょう。 まずはどれくらいの来客があるか

を調査し、集中して来客のあるセクションがあれば専用内線電話を用意して待ち時間を解消するな

どの対策を立てましょう。

2.認証システムを活用する

認証システムは面倒だとか、忘れると会社に入れないなどの苦情もありますが、各執務室のセキュ

リティを考えたとき、非常に有効な手段だといえます。 外部から侵入しにくいデザインのオフィス

でも、部屋ごとの認証システムを取り入れることをおすすめします。 無人になる時間帯のある会議

室などには、外部からの侵入者が隠れている可能もあります。倉庫や各室への荷物の出入も人と同

様にチェックするシステムにするとよいでしょう。

3.パーティションの工夫

最近増えているのが、壁を含めたすべてのパーティションを透明にし、デスクワークやパソコン機

器の見える部分のみに目隠しをする方法です。 間仕切りがありながら、執務室がワンフロアのよう

に広く見えること、誰がどこにいるか、どこで会議をしているかがわかりやすくなります。これは

同時に、会社内に侵入者がいないかを常に確認できるというセキュリティ上のメリットにつながり

ます。

4.社内ネットワークへの侵入を防ぐ

社内のネットワーク上にデータを置くことは、今や当たり前になっています。社外からの侵入を防

ぐためのファイアウォールの設置などは当然すべきこととして、内部からの流出リスクにもしっか

りと目を向けなければなりません。 部署、役職ごとにアクセスできる範囲を明確にし、ミスによる

漏えいなどがないよう社内教育を行う必要があります。 会議室のLANケーブル、無線LANなど、来

客がインターネットにつなげられる環境がある場合もあり、社内ネットワーク管理者によるセキュ

リティ対策、詳細なルール策定が求められます。

5.まとめ

ここで紹介したオフィスのセキュリティは基本的な事ですが、一度見直す事で徹底されていないと

ころや改善を行わなければならない点などが見えてきます。 またオフィス内のシステムが完璧で

も、オフィスで働く人の全員がセキュリティに対して注意していないと情報漏えいなどの事故と

なってしまいます。 オフィスのセキュリティを確保するためには、オフィス自体のセキュリティと

働く人の意識の両方が重要です。

堺市、泉佐野市、岸和田市、泉大津市、和泉市でのオフィスのセキュリティー対策の

ご相談は平善迄お問い合わせください。

保管庫別注天板作成 堺市/泉佐野/泉南

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

先日、大阪の地元泉佐野市内の某食品会社様で保管庫を購入頂きました。

普通にお世話になっているお客様から連絡があり旧JIS規格の横880mmx奥515mmx高880mmのベース付きのコクヨさんの保管庫を購入頂きました。

すんなり納品かと思いきや後日お電話があり、保管庫の上で作業するので天板が欲しいというお話でした。

グレードの高いシリーズですと天板はオプションで規格品としてあるのですが旧JISの昔からある定番のシリーズですと既製品で天板がなくコクヨさんに別注でつくるとなりますと高価な金額で見積回答が来ました。

お客様も保管庫と同じぐらいの価格の天板はどうかと・・・という事で色々と打合せをしました。

①ベニヤ板をそのサイズにカットして才断面をゴムで補修?

②少し弱いですが上にカッティングマットを置こうか?

③作業は別の所でするか?

とかいろんな話が出ましたが、

一度、木材の造作所。

地元の業者さんなので一度相談してみましたところ、

「簡単に作れるよー」とあっさり。

価格もメーカーさんに依頼する半分の価格で対応していただき、板の厚みも頑丈な厚手の板で板目も数種類の中から選べるのでお客様好みの使用ができます。

その中での話し合いの中、天板の奥行きを10cm伸ばして作業面積を広くとろうとなりまして横880mm奥600mm厚26mmの天板を作成し私が取り付けてきました。

仕上がりも使い勝手もバッチリ。

※写真の天板にはフィルムが貼られていますので剥がすと上面という表記は消えます。

堺市、泉佐野市、岸和田市、泉大津市、和泉市でのオフィスの事務用チェア、保管庫、デスク、ロッカーなどオフィス周りのご相談は平善迄お問い合わせください。

堺市でフローリングの床に適した椅子のキャスターを提案しました。

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

堺市のお客様より会議室のテーブルと椅子のご注文をいただきました。

会議室の床がフローリング仕様の場合、標準のキャスターでは対応が出来ません。

ほとんどのメーカーのキャスターは標準で樹脂の双輪キャスターがついています。

固い床に固い樹脂のキャスターでは、体重がかかるとキャスターが回転せずに

床の上を滑ってしまいます。

そのような場合には、ゴムキャスターに交換依頼をしてから購入しましょう。

逆に、カーペットなどの柔らかい床には、ナイロン樹脂のキャスターが合いますので

用途を確認してから購入するようにしましょう。

椅子の種類によっては、キャスターではなく固定脚にしたいという場合も出てきますね。

スペーサー、脚端などの名称で呼ばれています。

ほとんどの格安チェアーでは、このような交換パーツの用意がありませんので

座りごこちや、使いやすさを重視する際には参考にしてください。

堺市、泉佐野市、岸和田市、泉大津市、和泉市でのオフィスチェアーのご依頼は

平善迄お問い合わせください。

 

堺市のお客様にビニル床タイルを納品させて頂きました

堺市、泉佐野市、岸和田市、和泉市でオフィス環境づくりを支援している平善です。

先日堺市のお客様よりOA室の床を現在のタイルカーペットからビニルタイルに変更したいと
ご相談をいただきました。

OA室ですので、サーバーやPCなどの精密機器があるのですが、カーペットタイルだと
ホコリ等が舞い上がって機械に悪いのではとのことでしたので、
ビニルタイルをご提案させて頂きました。

お客様に選んでいただいた商品は

サンゲツ OT-710 コンクリートというタイルになります。

こちらは置敷き帯電防止タイプになっており、
静電気による障害の防止を必要とする場所に適しています。

またワックスフリーにもなっており、汚れがつきにくく
また拭き取りやすいものになっております。

このように、ビニルタイルといっても様々な機能があり、設置場所によって
最適なものが変わってきますので、

堺市、泉佐野市、岸和田市、泉大津市、和泉市での床工事のご依頼は

平善迄お問い合わせください。